アメリカ合衆国大統領専用機、エア フォース ワン、VIP 軍用機、マリーン ワン、歴史、写真

エア・フォース・ワン

'エア・フォース・ワン 'は、米国大統領を乗せた米国空軍機の公式の航空管制コールサインです。

コール サインは、1953 年のドワイト D. アイゼンハワー大統領を乗せた飛行機が、同じコール サインを使用して民間航空機と同じ空域に入った事件の後に作成されました。大統領は複数の航空機を自由に使用できますが、コールサインは必要に応じて飛行機から飛行機へと移動します。

アリゾナ州ツーソンのデイビス・モンサン空軍基地のエプロンに駐機する VC-25A 'エア フォース ワン'
  VC-25A

VC-25A: アメリカ合衆国大統領が使用する現在の改造ボーイング 747 航空機

大統領は、最も頻繁に飛行機で飛行します。 VC-25A 航空機、改造 ボーイング 747-200B . 2機が使用され、尾翼番号は28000番と29000番です。



  VC-25A VC-25A「エアフォースワン」の機首部分

標準の 747 とは多くの点で異なります。 最先端のナビゲーション、電子および通信機器、その内部構成と家具、自己完結型の手荷物ローダー、前後のエアステア、および飛行中の給油機能。

航続距離は法定マイル 7,800 マイルで、高度 45,000 フィートまで時速 630 マイルの速度で飛行します。

VC-25A は、3 つのレベルで 4,000 平方フィートのフロア スペースを提供します。これには、大きなオフィス、化粧室、および会議室を備えた大統領用のスイートが含まれます。航空機には、手術室として機能する医療スイートが含まれており、医師が常駐しています。飛行機の 2 つの調理調理室は、一度に 100 人分の食事を提供できます。

  VC-25A 29000のテール部 VC-25A 29000 'エア フォース ワン' の尾部

極秘の対ミサイルシステムと爆破耐性の外皮を含む最先端の防御が含まれていると報告されています。

これらの飛行機は 大統領空輸グループ 、航空移動コマンドの第 89 空輸航空団に割り当てられ、 共同基地アンドリュース (以前はメリーランド州アンドリュース空軍基地として知られていました)。

最初の VC-25A、テール番号 28000 は、1990 年 9 月 6 日に「エア フォース ワン」として初飛行し、ジョージ ブッシュ大統領をフロリダ州カンザス州とワシントン D.C. に輸送しました。

この度は、元米国大統領のジョージ H.W. 2018 年 12 月 5 日に、テイル番号 29000 に乗ってテキサス州の彼の最後の休息地に向かったブッシュ大統領。この飛行機は、第 41 代大統領を記念して「特別航空ミッション 41」として飛行しました。

VC-25A 'エア フォース ワン' テール ナンバー 28000 の胴体側面図
  VC-25Aの胴体側面図

VC-25A「エアフォースワン」
  VC-25A

未来のエア フォース ワン

2015 年 1 月、米空軍は、ボーイングが 2 機の新しい改造機の製造に選ばれたと発表しました。 ボーイング 747-8 大統領輸送用の老朽化したVC-25Aを置き換える航空機。

  ボーイング 747-8 登録番号 N895BA
ボーイング 747-8 登録番号 N895BA

新しい航空機は、おそらく2024年まで、しばらく大統領の在庫にはありません.

空軍は、2017 年 8 月にボーイングと 2 機の 747-8 ジェット機を購入する交渉を行っていると報告されました。 南カリフォルニア物流空港 (SCLA) これらの航空機は、2015 年に破産したロシアの航空会社 Transaero のために製造されました。

2機の747のテールナンバーはN894BAとN895BAです。

ボーイング C-32A: 今日の代替大統領専用機

  離陸時の C-32 プレジデンシャル ジェット
離陸時の C-32A プレジデンシャル ジェット

C-32A は、ボーイング 757-200 民間旅客機の軍用バージョンです。

大統領によって使用されることもありますが、副大統領によって最も頻繁に使用されます。 エア フォース 2 」、大統領夫人、閣僚、国会議員による。

C-32A は VC-25 よりも短距離飛行能力が優れているため、VC-25 を処理するには短すぎる 5,000 フィートの短い滑走路を持つ空港に飛行する場合に選択する飛行機になっています。燃料補給なしで5,500海里飛行できます。

アンドリューズ統合基地の第 89 空輸航空団は、1998 年 6 月に 2 機の C-32A 航空機を受領し、2010 年にはさらに 2 機が納入されました (c/n 25044 & 28160)。

アメリカ空軍の C-32A、ボーイング 757-2G4(WL)、ボーイング 757-200 の特別仕様バージョン。 1998 年 11 月に納入。登録番号 99-0004。 「エア フォース ツー」として使用されることが多く、「エア フォース ワン」として使用されることもあります。 (デレヘル・エリックによる写真)
  アメリカ空軍の C-32A、ボーイング 757-2G4(WL)、ボーイング 757-200 の特別仕様バージョン

アメリカ空軍 C-32A、ボーイング 757-2G4(WL) (写真提供 DELEHELLE Eric)
  アメリカ空軍の C-32A、ボーイング 757-2G4(WL)、ボーイング 757-200 の特別仕様バージョン

マリンワン

大統領を乗せた米国空軍機の公式航空管制コールサインは、 'エア・フォース・ワン '。

  VC-25を搭載した海兵隊のVH-3ヘリコプター
VC-25を搭載した海兵隊のVH-3ヘリコプター

コールサイン 「マリンワン」 大統領が米国海兵隊の航空機で飛行しているときに使用されます。これらの航空機は通常、 マリーン・ヘリコプター・スコードロン・ワン (HMX-1) 「ナイトホークス」中隊。

飛行隊は現在、大型のホワイト トップ VH-3D 'シー キング' ヘリコプター、より新しい小型の VH-60N 'ホワイト ホーク ヘリコプター、およびグリーン トップ CH-46E 'シー ナイト' の艦隊を運用しています。

マリーン ワンは、大統領の車列の代わりに使用されることが多く、費用がかかり、ロジスティクスが困難になる可能性があります。 800 人以上の海兵隊員がマリーン ワン艦隊の運用を監督しており、ホワイト ハウスのサウス ローンやメリーランド州のアンドリュース海軍航空基地でよく見られます。アンドリュースでは、長距離移動のためにエア フォース ワンに接続するために使用されることがあります。

飛行中のマリーン ワン - シコルスキー VH-3D 'Sea King'
  飛行中のマリーン ワン - シコルスキー VH-3D

初期の大統領専用機

1910 年 10 月、セオドア・ルーズベルトは、すでに不在だったにもかかわらず、航空機で飛行した最初の米国大統領になりました。第二次世界大戦前の今後数年間、海外や国を越えた大統領の旅行はめったにありませんでした.大統領が米国で長距離を移動する必要があったとき、鉄道は依然としてより安全で好ましい輸送手段でした。

フランクリン・D・ルーズベルトは、在職中に飛行機に乗った最初の大統領でした。大統領の旅行のために特別に入手された最初の航空機は、1933 年に納入されたダグラス ドルフィン水陸両用機で、米海軍によって RD-2 と指定されました。

飛行機は 1933 年から 1939 年まで大統領輸送機として使用され続けました。第二次世界大戦中、ルーズベルトは ディクシー・クリッパー 、パンアメリカン航空が搭乗したボーイング 314 飛行艇。

VC-54C スカイマスター大統領専用機

第二次世界大戦中、米軍とシークレット サービスは、民間航空機による大統領の輸送に神経質になりました。したがって、C-54 スカイマスターは、この航空機を大統領が使用するために改造されました。 聖なる牛 は、フランクリン D. ルーズベルト大統領を 1945 年 2 月のヤルタ会議に移送し、その後、ハリー S. トルーマン大統領によってさらに 2 年間使用されました。

VC-54C 航空機には、スリーピング エリア、無線電話、車椅子のルーズベルトを慎重に持ち上げるための格納式エレベーターが含まれていました。

VC-54 'Sacred Cow' (写真提供: Museum of the U.S. Air Force)
  VC-54

米国大統領艦隊のVC-118

C-118 は、ダグラス DC-6 旅客機の軍用バージョンです。 C-118 は主に旅客機として使用され、最終的には数機が大統領専用機で使用されました。

VC-118 'The Independence' (写真提供: Museum of the U.S. Air Force)
  VC-118

VC-121E 大統領専用機

アイゼンハワー大統領は、2 つのロッキード C-121 コンステレーション (VC-121E) を大統領職に導入しました。これらの航空機に名前が付けられました コロンバイン II コロンバイン III マミー・アイゼンハワー夫人は、コロラド州の公式の州花であるオダマキにちなんで、彼女の養子縁組の州です。エア フォース ワンとして使用された中で最小の航空機である 2 機のエアロ コマンダーも、アイゼンハワー政権中に取得されました。

「コロンバイン」大統領専用機、ロッキード C-121 コンステレーション (VC-121E)、ツーソン (スタッフ写真)

VC-137大統領専用機

ボーイング 707 と C-135 は 1950 年代初頭に開発されました。 C-135 の派生型は、C-137 ストラトライナーとしても知られる VC-137 などの大統領専用機など、他の目的にも使用されました。 VC-137 を補完するために、空軍はいくつかの C-135 機体を VC-135 VIP 標準モデルに改造し、米国内のスタッフ輸送に使用しました。

  USAF VC-137C、テール番号 26000、オハイオ州デイトンのアメリカ空軍博物館に展示
USAF VC-137C、テール番号 26000、オハイオ州デイトンのアメリカ空軍博物館に展示中 (スタッフ写真)

1958 年のアイゼンハワーの任期の終わりに向けて、空軍は 3 機のボーイング 707 航空機を大統領の艦隊に追加しました。 1962 年 10 月、空軍は追加の航空機、特別航空任務 (SAM) 26000 として指定された VC-137 を購入しました。

VC-137 ジェットの新しいカラーリングとインテリアのデザインには、アメリカの工業デザイナー Raymond Loewy が選ばれました。彼は下側に磨かれたアルミニウムの胴体を露出させ、初期の共和国と大統領に関連するスレートブルーと、現在と未来を表すより現代的なシアンの2つのブルーを使用しました.

機首付近の機体両サイドに大統領の紋章が追加され、尾翼には大きなアメリカ国旗が描かれ、機体の側面には「 アメリカ合衆国 ' はすべて大文字です。

飛行中の VC-137 エア フォース ワン - テール ナンバー 27000
  飛行中の VC-137 エア フォース ワン - テール ナンバー 27000

アイゼンハワーは、1959 年 12 月の「平和への飛行」親善ツアー中に VC-137 を使用した最初の大統領になりました。彼は 11 のアジア諸国を訪問し、19 日間で 22,000 マイルを飛行しました。

SAM 26000 は 1962 年から 1998 年まで大統領を務め、ケネディからクリントンまで大統領を運びました。オハイオ州デイトンのアメリカ空軍博物館に展示されています。

1962 年 12 月、SAM 27000 として知られる別の VC-137C が在庫に追加されました。現在、27000 はカリフォルニア州シミバレーのレーガン大統領図書館に展示されています。

  ボーイング VC-137C プレジデンシャル ジェット - カリフォルニア州シミバレーのロナルド レーガン大統領図書館に展示されている特別航空ミッション (SAM) 27000   ボーイング VC-137C プレジデンシャル ジェット - カリフォルニア州シミバレーのロナルド レーガン大統領図書館に展示されている特別航空ミッション (SAM) 27000
ボーイング VC-137C プレジデンシャル ジェット - 特別航空ミッション (SAM) 27000
1972 年 12 月にサービスを開始し、2001 年 8 月にサービスを終了しました。現在、カリフォルニア州シミバレーのロナルド レーガン大統領図書館で展示されています (スタッフ写真)

USAF VC-137C-BN-05、S/N 62-6000、アメリカ空軍博物館
  USAF VC-137C、テール番号 26000、オハイオ州デイトンのアメリカ空軍博物館に展示

大統領およびVIPの飛行機の写真

アリゾナ州ツーソンの PIMA 航空宇宙博物館にあるボーイング VC-137B、「フリーダム ワン」
軍用に改造された 3 機のボーイング 707-153 のうちの 1 機であるこの航空機は、1959 年 4 月にワシントン州シアトルでボーイング社によって VC-137A として完成しました。

  ボーイング VC-137B、   ボーイング VC-137B フリーダムワン

ボーイング VC-137B エア フォース ワン、S/N 86970、航空博物館にて
  ボーイング VC-137B エア フォース ワン、S/N 86970 の右胴体ビュー
  ボーイング VC-137B エア フォース ワン、S/N 86970 の右胴体ビュー   ボーイング VC-137B エア フォース ワン、S/N 86970 の尾部
  ボーイング VC-137B エア フォース ワン、S/N 86970 の右胴体ビュー


ボーイング C-135 S/N 91518、アリゾナ州ツーソン、デイビス モンサン空軍基地の AMARG で
  ボーイング C-135 S/N 91518、アリゾナ州ツーソン、デイビス モンサン空軍基地の AMARG で

下に表示: オクラホマシティのティンカー空軍基地の入り口にある C-135 Stratolifter S/N 61-2671
製造番号 C/N 18347、ボーイング C-135B-BN は、1962 年 4 月 27 日に空軍に引き渡されました。
1965 年 6 月に WC-135B に改造され、第 56 気象飛行隊で使用されました。
1974 年に再び高レベルの輸送をサポートする C-135C に改造されました。
1990 年代初頭まで太平洋地域の軍司令官。その時の飛行機は
中間試験のため、ティンカー空軍基地のオクラホマシティ航空物流センターに飛行
腐食制御。しかし、61-2671 は修理するにはあまりにも腐食していると見なされ、
最終的にチャールズ B. ホール エアパークに展示されました。
  オクラホマ州オクラホマシティのティンカー空軍基地の入り口にあるチャールズ B. ホール エアパークに展示されている C-135 ストラトリフター S/N 61-2671
  C-135 Stratolifter S/N 61-2671、製造番号 C/N 18347、ボーイング C-135B-BN、オクラホマ州オクラホマシティのティンカー空軍基地の入り口にあるチャールズ B. ホール エアパークに展示   C-135C Stratolifter S/N 61-2671、元 WC-135B、オクラホマシティのティンカー空軍基地


VC-140B ジェットスター

ロッキード VC-140B ジェットスターは、ロッキード モデル 1329 ビジネス ジェットの軍用バージョンであり、民間市場向けに大量生産された最初のビジネス ジェットです。 1961 年、米国空軍は、大統領、政府高官、その他の国家元首を輸送するために 6 つのジェットスターを取得しました。 Andrews AFB, MD. に割り当てられた JetStars は、USAF の大型ジェット輸送機には小さすぎる滑走路から運用できました。

VC-140B は、数人の米国大統領に迅速で経済的な旅行を提供しました。大統領が搭乗するときはいつでも、エア フォース ワンの無線コールサインで飛行していました。リンドン B. ジョンソンは、副大統領と大統領の両方の時代にジェットスターを広く使用し、航空機のサイズが小さいため、エア フォース ワン ハーフと呼ぶこともありました。

VC-140B ジェットスター、S/N 624201、リンドン B. ジョンソン大統領が使用、ヒル航空宇宙博物館で復元 (スタッフ写真)
  C-140B ジェットスター、S/N 624201、リンドン B. ジョンソン大統領が使用、ヒル航空宇宙博物館で復元


ノーズビュー、ロッキード VC-140B ジェットスター S/N 61-2492 オハイオ州デイトンのアメリカ空軍博物館 (スタッフ写真)
  ノーズビュー、ロッキード VC-140B ジェットスター S/N 61-2492 オハイオ州デイトンの米国空軍博物館


ガルフストリーム G550

ガルフストリーム G550、アメリカ合衆国、テール番号 1944、フランス、シェルブール、2014 年 6 月 5 日 (Photo by DELEHELLE Eric)
  ガルフストリーム G550、アメリカ合衆国、テール番号 1944、フランス、シェルブール、2014 年 6 月 5 日
テールナンバー1944、ガルフストリームG550、アメリカ合衆国、フランス、シェルブール、2014年6月5日(写真:DELEHELLE Eric)
  ガルフストリーム G550、アメリカ合衆国、テール番号 1944、フランス、シェルブール、2014 年 6 月 5 日

C-20

C-20 は、民間のガルフストリーム III および IV 航空機の軍用バージョンです。 C-140B の後継機として 1983 年に米軍に就役しました。

C-20G S/N 60201 オハイオ州デイトンのアメリカ空軍博物館で (スタッフ写真)
  C-20G S/N 60201 オハイオ州デイトンのアメリカ空軍博物館
C-20G 米海軍 - ガルフストリーム 4 - 165151 - msn 1199 (DELEHELLE Eric による写真)
  C-20G アメリカ海軍 - ガルフストリーム 4 - 165151 - msn 1199


C-21A

C-21 は、米国空軍が旅客および貨物の空輸に使用する双発ターボファン エンジンの航空機です。この航空機は、リアジェット 35A ビジネス ジェットの軍用バージョンです。

USAFE C-21A (リアジェット 35A) 840096 (DELEHELLE Eric による写真)
  USAFE C-21A (リアジェット 35A) 840096   ボーイング 737 (USAF C-40B BBJ)、S/N 02-0042、msn 33500


C-37A

C-37A は、最大 51,000 フィートの巡航が可能な高高度の大陸間ガルフストリーム V 航空機に基づいています。高レベルの沿岸警備隊や政府関係者に輸送を提供するために使用できる長距離指揮管制機として機能します。

C-37A ガルフストリーム 5、msn 653、米国沿岸警備隊 (DELEHELLE Eric による写真)
  C-37A ガルフストリーム 5、msn 653、米国沿岸警備隊

C-40

BBJ ボーイング 737-700 をベースにしたビジネス ジェットですが、737-800 の翼と着陸装置が強化されています。

アメリカ空軍の C-40 B/C は、商用のボーイング 737 BBJ をベースにしています。 C-40 の機体はボーイング 737-700 と同じですが、ウイングレットが付いています。

米空軍 C-40B BBJ、ボーイング 737 型式、S/N 02-0042、msn 33500 (写真提供 DELEHELLE Eric)
  ボーイング 737 (USAF C-40B BBJ)、S/N 02-0042、msn 33500
  ボーイング 737 (USAF C-40B BBJ)、S/N 02-0042、msn 33500   ボーイング 737 (USAF C-40B BBJ)、S/N 02-0042、msn 33500


C-135 ミリタリー VIP 航空機の写真

U.S. Strike Command の VC-135A、S/N 61-0316、Airborne Command Post、1962 年に製造
1971 年、パンナム格納庫近くのヒースロー空港で撮影された写真
(Airliners.Net 発行の Mick West による写真 ... 写真家の許可を得て使用)
  U.S. Strike Command%27s VC-135A、S/N 61-0316、空挺指揮所

Ενοποιημένα οστεώματα B-24 Liberator, διάλυση και τήξη μετά τον Β' Παγκόσμιο Πόλεμο, με φωτογραφίες

Ενοποιημένοι οστεώνες του B-24 Liberator, διάλυση και τήξη μετά τον Β' Παγκόσμιο Πόλεμο, με φωτογραφίες.

Ιστορικό, προδιαγραφές, ανάπτυξη και φωτογραφίες μαχητικού F-4 Phantom II

Μαχητικό McDonnell-Douglas F-4 Phantom II, ιστορία και φωτογραφίες.

Αεροπλάνα Antonov συμπεριλαμβανομένων των An-124 Ruslan, An-225 Mriya, An-22, An-148 και An-158, Antonov Design Bureau, Volga-Dnepr, συμβουλές εντοπισμού, ανάπτυξη, αριθμοί ενεργού στόλου, φωτογραφίες

Αεροπλάνα Antonov τα AN-124 Ruslan, AN-225 Mriya, AN-22, AN-148 και AN-158, Volga-Dnepr, οδηγός εντοπισμού, ανάπτυξη, αριθμοί ενεργού στόλου, φωτογραφίες

Το Convair B-36 Peacemaker αποκαταστάθηκε και εκτίθεται στο Μουσείο SAC στη Νεμπράσκα

Το Convair B-36 Peacemaker αποκαταστάθηκε και εκτίθεται στο Strategic Air Command and Space Museum στη Νεμπράσκα.

Strategic Air Command & Aerospace Museum στο Ashland, Nebraska, αεροσκάφη, εκθέματα, φωτογραφίες, χάρτης και τοποθεσία

Πληροφορίες και φωτογραφίες για το Strategic Air Command and Aerspace Museum που βρίσκεται στο Ashland της Νεμπράσκα

Boeing B-29 Superfortress Straight Flush, που εκτίθεται κοντά στο Hill AFB στο Ogden της Γιούτα

Straight Flush, ένα από τα Boeing B-29 Superfortress που επέζησαν υπερβομβαρδιστικά, που εκτίθεται στην αεροπορική βάση Hill στο Ogden της Γιούτα

Αγαπημένα αεροπλάνα και φωτογραφίες του προσωπικού του Motor legend

Αγαπημένα αεροπλάνα και φωτογραφίες αεροπορίας του προσωπικού της Airplanes Online.

Σχεδιασμός, μοντέλα και προδιαγραφές B-17 Flying Fortress

Σχεδιασμός, μοντέλα και προδιαγραφές Boeing B-17 Flying Fortress.

Boeing B-29 Superfortress ιστορία, σχεδιασμός, ανάπτυξη, αριθμοί παραγωγής, γραμμές συναρμολόγησης, προδιαγραφές και επιζώντα αεροπλάνα

Boeing B-29 Superfortress, ιστορία, σχεδιασμός, προδιαγραφές, εργοστάσια συναρμολόγησης, αριθμοί παραγωγής και φωτογραφίες.

Museum of Flight, Seattle Washington, με φωτογραφίες ιστορικών αεροπλάνων, χάρτη, οδηγίες οδήγησης

Museum of Flight, Seattle Washington, συμπεριλαμβανομένων φωτογραφιών ιστορικών αεροπλάνων, γκαλερί πτήσεων, χάρτη, οδηγίες οδήγησης.

Εθνικό Μνημείο Wright Brothers, Kill Devil Hills, Βόρεια Καρολίνα, φωτογραφίες, χάρτης, οδηγίες

Εθνικό Μνημείο Wright Brothers, Kill Devil Hills, Βόρεια Καρολίνα, φωτογραφίες, χάρτης, οδηγίες

Boeing B-29 Superfortress T-Square 54, υπερβομβαρδιστικό του Β' Παγκοσμίου Πολέμου, αποκαταστάθηκε στο Μουσείο Πτήσης στο Σιάτλ της Ουάσιγκτον

Το T-Square 54, ένα από τα επιζώντα υπερβομβαρδιστικά Boeing B-29 Superfortress, έχει αποκατασταθεί και εκτίθεται στο Μουσείο Πτήσης στο Σιάτλ.

Cessna T-37 Tweet εκπαιδευτής της Πολεμικής Αεροπορίας των ΗΠΑ, τοποθεσίες σε αεροπορικές γκαλερί, ιστορία, ανάπτυξη και φωτογραφίες

Cessna T-37 Tweet της Πολεμικής Αεροπορίας των ΗΠΑ, φωτογραφίες του T-37 σε γκαλερί αεροσκαφών, ιστορία και ανάπτυξη.

Κατάλογος Μουσείων, Εκθεμάτων και Αεροπάρκων Αεροπορίας και Αεροπλάνων στις ΗΠΑ ανά Πολιτεία

Κατάλογος μουσείων αεροπλάνων και αεροσκαφών που βρίσκονται στις Ηνωμένες Πολιτείες, οργανωμένη ανά πολιτεία.

Boeing B-29 Superfortress Bockscar, ένα επιζών βομβαρδιστικό από τον Β' Παγκόσμιο Πόλεμο που βοήθησε να κερδίσει τον πόλεμο εναντίον της Ιαπωνίας

Το Bockscar, ένα από τα επιζώντα υπερβομβαρδιστικά Boeing B-29 Superfortress, που εκτίθεται κοντά στο Wright-Patterson AFB στο Dayton Ohio.